緑内障 原因

心当たりはありますか?緑内障はこんなことが原因です

緑内障の疑いがある方や、緑内障と診断された方、自身や家族の緑内障を心配している方の為に、緑内障の原因についてご紹介します。


緑内障は、眼圧が上昇することによって引き起こされる視神経の損傷によって、視野が狭くなる病気ですが、その直接的な原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず、眼球内の圧力が高くなることです。

とは言っても、なぜ、眼球内の圧力が高くなってしまうのか、明確な原因が分からない場合も多いようです。

ここでは、緑内障になり得る原因について、いくつかご紹介しますので、ご自分の場合と照らし合わせていただき、治療に役立てていただければ幸いです。
【緑内障の原因】

・生まれつき房水の出口である「隅角」が未発達で狭く、房水が排出されにくい

・なんらかの要因(ぶつかる)で「隅角」が狭まる

・なんらかの問題で線維柱帯が目詰まりする

・目を酷使することにより、目の神経の周りの血液の循環が悪くなるため

・強度の近視

・冷え性、低血圧、頭痛持ちなどの血行不良

・不規則な生活習慣


緑内障は、明確な原因が分からなかったり、生まれつきの体質によるものが多いのですが、上記挙げた原因を知っておくと、予防や治療に役立ちますので、知識の一部として覚えておいてください。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障関連情報