緑内障とは

緑内障とは?その症状や原因、治療法をご紹介

緑内障とは、簡単に言うと、眼圧が上がることによって引き起こされる病気です。

目は、正常な機能を保つために、目の圧力、つまり眼圧を一定の状態に保っているのですが、この眼圧が、何かしらの原因によって上昇し、眼球の後ろの視神経が圧力に耐えられなくなってしまいます。
その結果、視神経が押しつぶされて傷つけられてしまいます。

傷つけられた視神経は、元には戻らず、徐々に視神経の数が減っていき、視野が欠けていきます。
そして、そのまま治療せずに放っておくと、最悪の場合、失明に至ることがある恐ろしい病気が、緑内障なのです。


緑内障は、失明の危険性がある怖い病気なのですが、初期段階では、ほとんど自覚症状がないため、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。

緑内障の症状は、少しづつ進行し、視野の狭まりも徐々に進行するので、目に異常を感じることがなく、発見が遅れてしまうようです。

急性の緑内障の場合は、頭痛や吐き気などの症状が出るので、比較的容易に異常に気付きやすいのですが、緑内障を発見するためには、定期健診など、定期的に検査を受けることが望ましいと言えます。
緑内障の治療方法には、いくつかありますが、早期発見、早期治療することによって、症状をできるだけ最小限に抑えることができますし、治療も容易に行うことができます。

残念ながら、現代の医学では、緑内障を完璧に治すことはできませんが、早期発見・早期治療を行うことによって、症状の進行を食い止め、効果的に治療を行うことができます。

近親者に緑内障がいる方や、強度の近視の方、血行が悪い方などは、緑内障にかかるリスクが高いので、心配な方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。

また、すでに緑内障と診断されている方や、緑内障の疑いがある方は、別ページで、緑内障の症状や治療法などもご紹介していますので、そちらもご覧ください。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障関連情報