脳を活性化すれば緑内障を予防できる

緑内障などの目の病気の原因の一つに、「脳の老化」があります。

脳も、体のあらゆる部分と同じように、年齢を重ねるごとに老化していきます。

脳細胞は、子供が大人に成長していくように、成人までは増加していくのですが、成人を過ぎると1日に10万〜20万個の脳細胞が消滅していきます。
脳細胞が減少していくと、脳の機能が衰え、様々な老化現象が起こってくるのです。

もともと目は、脳の一部であり、脳から飛び出してきたものなので、脳細胞と目の細胞は同じ成分でできています。
そのため、脳が老化していくと、目も老化していくわけです。
目が老化することによって、緑内障などの目の病気を引き起こすので、逆に言うと、目の老化を抑制すればよいのです。

その為に効果的なのが、脳の活性化なのです。
脳を活性化するために効果的な方法のひとつめは、「記憶力を鍛える」ことです。

記憶力の鍛え方としては、走っている車のナンバーを覚えたり、ものの名前をたくさん家族に言ってもらって覚え、時間がたってから思い出す方法が、手軽にできるのがオススメです。

また、ナンプレなども脳を活性化させることができるので、通勤時間や、リラックスタイムなどの少しの時間を利用してやってみて下さい。


二つ目は、脳に良い栄養を積極的に摂取することです。

「レシチン」には、脳の健康を保ち、目の機能を正常にする働きがあります。
また、記憶力の低下にも効果があるので、緑内障の方は、積極的に摂取するようにしましょう。


脳の活性化は、自宅で手軽にできることが多いので、毎日少しづつ脳のトレーニングを兼ねて、緑内障の軽減・予防のためにおこなってはいかがでしょうか。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障関連情報