食生活に気をつければ緑内障は予防できる?

緑内障対策の一つである、食生活についてお話させていただきたいと思います。


緑内障の原因には、様々なものがありますが、生まれつきでないものや、なにかにぶつかって眼圧が上がったことが原因でない場合には、食生活が関わっていることが大いにあります。

例えば、肉類ばかりで偏った食生活を送っていると、血流が悪くなります。
血管内に脂肪細胞が蓄積され、血行が悪くなり、様々な体の不調を引き起こしてしまいます。

緑内障の原因の一つに、血行不良があり、それを引き起こすのが、食生活の乱れなのです。
食生活が乱れると、繊維柱帯が目詰まりし、緑内障を引き起こす場合もあります。
つまり、食生活を見直すことによって、緑内障の症状を軽減したり、その他の治療をスムーズに行うことができるのです。
また、緑内障の予防にも効果的です。
食生活を見直すにあたって、気をつけた方が良いことをいくつかご紹介します。

まず、糖分や脂肪を控えることが大切です。
糖分や脂肪は、肥満の原因になります。
肥満の方は、スリムな方に比べて、眼圧が高くなる傾向があるので、注意しましょう。

急激に水分を多量に摂取すると、眼圧が高くなることがありますが、常識の範囲内では問題ないでしょう。
しかし、アルコールの多量摂取は、眼圧を上げるので、ほどほどにしましょう。


緑内障に良いとされる食べ物に、玄米や発芽玄米、有機野菜、海藻類、豆類、魚介類などがありますので、毎日の食事に積極的に取り入れるようにしてください。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障関連情報