緑内障 治療法

緑内障の様々な治療法をご紹介

緑内障の治療についてご紹介します。

緑内障にかかってしまったら、早めに治療を開始することによって、症状の進行をできる限り食い止めることができますし、適切な治療を行うことができます。
ここでは、点眼治療や内服薬治療、レーザー治療、手術、鍼灸、抗がん剤治療など、様々な治療法をご紹介しますので、参考にしてください。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障の治療法個別ページ一覧

基本的な点眼治療
緑内障の治療を行う上で、最も一般的なのが、「点眼治療」です。「点眼治療」とは、点眼剤によって、眼圧を下げる方法です。主に房水の産生量を減らしたり、房水の流れを良くするための薬です。まずは、1種類から始め、効果がない場合は、種類を変えたり、2〜3種類を併用して使うこともあります。緑内障の治療に使われる点眼剤をご紹介します。【緑内障の治療に使われる点眼剤】・アルファブロッカー・コリンエステラーゼ阻害薬・コリン作動性(縮瞳薬)・プロスタグランジン・ベータブロッカー・交感神経遮断薬・交感神経作動薬・炭酸...
2種類の内服薬治療
緑内障の治療の一つに、内服薬治療があります。緑内障の治療と言えば、まず点眼剤による点眼治療が挙げられますが、それで効果がない場合に、内服薬を併用することがあります。緑内障の内服薬には2種類ありますので、それぞれについて分かりやすくご説明します。まず一つ目は、一時的に眼圧を急降下させるものです。この薬は、数日間という一定の期間だけ、眼圧を下げるために使います。主に、手術前などに使うことが多く、飲むとすぐに眼圧が下がり、薬の効果が切れると元に戻ります。体から強制的に水分を排出する薬剤で、副作用が強い...
入院いらずのレーザー治療
緑内障の治療法の一つ、レーザー治療をご紹介します。点眼剤などによって、眼圧を下げることができなかった場合、レーザー治療を行います。レーザー治療には、2種類の方法があり、1つ目は、隅角に照射して房水排出効率を上げる治療法と、2つ目は、虹彩に穴を開ける治療法です。1つ目の隅角に照射する方法は、隅角の網目部分の目詰まりを起こしている箇所にレーザーを照射することによって網目を広げ、房水の排出効率を上げるというものです。2つ目の虹彩に穴を開ける方法は、わずかな穴を開けることによって、房水の排出を促すもので...
緑内障を「手術」で治療する
緑内障の治療には、まず点眼剤などによる薬物治療が行われますが、それでも効果がなかった場合や、慢性の緑内障の場合は、手術ということになります。緑内障の手術には、主に2種類の方法がありますので、それぞれについて分かりやすくご説明します。【緑内障の手術】1.「トラベクロトミー」・繊維柱帯を切開することによって、房水の出をよくする手術である・早期の緑内障のにも施行することがある・術後の感染が起こりにくい・眼圧が下がっても10台中盤から後半くらいで、長期的には、効果がなくなってくることがあるというデメリッ...
血行を良くして治療する「鍼灸」
緑内障の治療では、薬物療法やレーザー治療、手術などが一般的ですが、鍼灸による治療も可能である場合があります。急性の緑内障の場合、鍼灸で治療することは困難ですが、加齢などによって引き起こされた緑内障の場合、改善効果が期待できます。緑内障の原因の一つに、血行不良があります。鍼灸には、血行を良くする効果があることは昔から知られていることなので、理にかなっていますよね。では、具体的に鍼灸のどのような作用によって、緑内障の症状をよくするのか、ご紹介しましょう。鍼灸による治療では、目の周りや後頚部、背中、手...
意外な抗がん剤による治療
緑内障の治療法の一つ、抗がん剤を使った治療法についてご紹介します。最新の治療法として、抗がん剤を使ったものがあります。抗がん剤には、細胞の増殖を抑制する働きがあり、これを利用して組織の癒着を防ぎます。緑内障の治療の一つに、眼の一部に穴をあけて房水を排出し、眼圧を下げる繊維柱体切除術というものがあり、この手術に抗がん剤を利用します。穴を開けると、傷口が治癒するように、穴は自然にふさがるのですが、このときに癒着が起こり、治療をする上での妨げになるのですが、この穴に抗がん剤を作用させると、細胞の増殖を...

緑内障関連情報