緑内障 点眼治療

緑内障の一般的な治療法である「点眼治療」

緑内障の治療を行う上で、最も一般的なのが、「点眼治療」です。

「点眼治療」とは、点眼剤によって、眼圧を下げる方法です。

主に房水の産生量を減らしたり、房水の流れを良くするための薬です。
まずは、1種類から始め、効果がない場合は、種類を変えたり、2〜3種類を併用して使うこともあります。

緑内障の治療に使われる点眼剤をご紹介します。


【緑内障の治療に使われる点眼剤】

・アルファブロッカー
・コリンエステラーゼ阻害薬
・コリン作動性(縮瞳薬)
・プロスタグランジン
・ベータブロッカー
・交感神経遮断薬
・交感神経作動薬
・炭酸脱水酵素抑制剤

これらの点眼剤は、コリンエステラーゼ阻害薬が、抗コリンエステラーゼ薬と呼ばれるなど、同じ薬でも眼科などによって、呼ばれ方が異なるものもありますが、代表的な点眼剤はこれらの薬になります。

緑内障の治療に使われる点眼薬で最も多いのが、交感神経遮断薬とプロスタグランジンです。
1種類で使われることも多いですが、この二つを併用して使うことによって、さらに効果的であるため、一緒に使われることも多いようです。
点眼剤を使うことによって、緑内障の症状の進行を抑えることができるのですが、薬によっては副作用を起こすこともあります。

点眼剤の副作用としては、角膜を傷つけてしまったり、気管支喘息や不整脈の発作を誘発したり、頭痛やのどの渇き、心臓病などの悪化などがあります。

点眼剤を使用して、なんらかの副作用があられた場合や、体に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止し、主治医に相談してください。

点眼剤は、用法・用量を守らないと、効果を得られないばかりか、緑内障の症状を悪化させてしまうことがあるので、正しく使うようにしましょう。

 

  • 緑内障と診断され眼圧が下がらない
  • 視野狭窄の進行が止まらない
  • 失明はしたくない
  • 緑内障予備軍だと医者から言われた
  • 最近、視界が暗くなった気がする

そんな、あなたのお悩みをこちらで解決することができるかもしれません。

 改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

 

緑内障関連情報